継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

片田舎発!“スローなものづくり”で価値創造【工房織座】(2/3)

  • [レポート]

◆娘さんの合流◆

前回の記事のとおり、工房織座は
復元した織機でものづくりを開始しました。

社長の狙いどおり
良いアイテムが作れるようになった。

ただ販売力がない・・・。

おそらくこんな状況だったのでしょう。

こんな開業から2年を過ぎたころ、
娘の英里子さんが加わります。

IMG_4582

 

英里子さんは、
テキパキとした雰囲気の女性です。

今治の人の気質はせっかちなようですが、
電話の受け答えなどの様子を見ていると、
お父さんよりも英里子さんのほうが
今治人気質に近いのかもしれません。

 

「東京での仕事に疲れて、
故郷に帰ってきました。

でも父親の会社で
働くつもりではなかったのです。

ただ、地元で就職活動をしてもいいかな、
ぐらいに考えていました」

と、語ります。

ちなみにお父さんの独立については

「やるとは聞いていたので、
特別驚きはなかったです。

ただ、その後の生活もあるので、
お金は残しておいてほしいなぁ・・・と」

とのこと。

やっぱりこういう面は、父親よりも
娘さんのほうがしっかりしているものですね。

 

IMG_4566

 

ひとまず実家に戻ってきた英里子さんですが、
家で暇だったそうです。

だから地元で開催される
経営や営業の勉強会に参加したとか。

そこから学んだ知識で
織座のホームページを作りはじめたり。

そのままズルズル(?)と
工房織座の仕事にコミットしていきます。

 

こうして二人の父と娘のペアが生まれました。

 

商品を作りに尽力する社長。

カタログ作りなど販促を担当する英里子さん。

二人が中心となってギフトショーに挑みます。

 

「お金がかけられないから、
イラストレーターのソフトを買って
カタログを手作りしました。

制作代は印刷代だけです(笑)

分からないことがあれば、
手当たり次第聞いて回りました。

自分が女で、当時はまだ
モノが分かっていなくても許される
年齢だったですからね」

この姿勢がほほえましいものです。

壁を突破するための力とは、
こういうものなのでしょう。

 

「父の作るものの売り先を
ワンランク上に上げたかった」

と語る表情が印象に残りました。

 

IMG_4621 - コピー

 

そして、ギフトショーが開催されました。

そこで工房織座は大成功をおさめます。

用意していた名刺が切れるほど、
バイヤーなどから引き合いがありました。

有名なインテリア店やカタログ通販での
取り扱いが決まったり、
新聞で紹介されるようにもなり、
展示会後の売上は4から5倍以上に増えたそうです。

 

その後、英里子さんが
新ブランド『I+O』を立ち上げました。

中川政七商店との取引が決まったり、
伊勢丹新宿本店や阪急うめだ店などの
業界最先端とされるデパートにも
商品が置かれるようにもなりました。

快進撃は続いています。

 

 

◆親子の仕事上の関係◆

世の中には、社内にいる親子の関係が
上手くいかない会社が多いものです。

でも工房織座の場合は、実にいい関係です。

IMG_4586 - コピー

 

英里子さんは

「自分が娘だから
わがままがゆるされるのだと思います。

男の子供の場合、上下関係が大変かも・・・」

と、言います。

たしかに、男女の違いというものも
理由の一つでしょう。

ただ、それだけだとは
記者の目には映りませんでした。

 

二人は性格的には全然違うタイプに感じます。

しかし、お互いを尊重し合っています。

たとえば、社長は

「意見は取り上げないと」

「販売のことについて自分は分からないから、
どこに販売するかなどは一切口を出さない」

と、役割の違いをしっかり認識しています。

社長は職人タイプのなので、
クォリティーに徹底的に
こだわりたいところでしょう。

それ以外のことを、
英里子さんに任せられる効果は
計り知れません。

 

一方、英里子さんは
上手く回っている工房織座の営業について
「9割は商品の力で、
自分は残りの少しのところを
手伝っているにすぎない」
と、謙虚に語ります。

また、
「お父さんの織りを、
多くの人に知ってもらいたい」
とも。

社長のものづくりに対するリ
スペクトがあるのです。

 

IMG_4631 - コピー

 

いい感じで補い合っている関係です。

英里子さんが外で発想を得て、
「こんなのつくってみて」と投げれば、
社長は「いいよ」と応えます。

また、社長が新しいアイテムを試作しては、
「これはどう?」と
英里子さんのフィードバックを求めます。

こんな関係から、
面白みのある商品が
次々と生まれてくるのでしょう。

 

3回目に続きます

 

【お知らせ】

工房織座のアイテムはこちらから購入できます。

温かみに溢れた作品を 是非チェックしてみてください。

★工房織座オンラインショップ★

 

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690