継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

社長必見!!老舗漢方会社に学ぶ後継者の育て方

  • [レポート]

今回は、
「漢方の老舗会社が手がける『Cafe de Kampoh』」からの
スピンオフ企画です。

世間では
「子どもが会社を継いでくれない・・・」
と嘆く社長が溢れる状況ですが・・・

先日黒姫和漢薬研究所に取材に行った際に
偶然お会いできた社長さんの息子さん(高校生)は、
すでに「会社を継ぐことを決めている」とのことでした。

この差は一体どこで生まれたのでしょうか?

その謎を突きとめるべく、
黒姫和漢薬研究所の三代目候補である狩野森さん(高校三年生)
インタビューを敢行しました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 ご長男の狩野森さん(現在高校三年生)。休日にはカフェのお手伝いもしています。

 

― 将来会社を継ぐ意思というのはもうおありですか?

「はい、ありますね。
幼稚園の頃から会社を継ぐんだろうなぁということは、
自然に思っていました。
小さい頃から自分のところのお茶を飲んで育ってきたので、
商品のいいところも良くわかってますし。
もちろん、もっとこうした方がいいのに・・・ということも考えたりしてました」

 

高校生とは思えないほどしっかりした受け答えです!

また、小さい頃から継ぐ意思があったって驚きですよね。
今なんか後継者がいなくて困っている会社が多いくらいなのに。

 

― これから大学へ進学されますが、どういうことを学ぼうと思っていますか?

「高校から大学はエスカレーター式なんですが、
僕は経営法学科というところに進むことを決めました。
将来のために経営と法学を勉強しようと思って。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
棚にはお店自慢のお茶が並んでいます。
棚だけ見ると、とても漢方が並んで
いるとは思えません。

 

― 三代目ということでプレッシャーなどはありますか?

「そうですね、、、プレッシャーは特に感じてないです。
それよりも楽しみの方が大きい。
従業員の方も小さい頃から知っているので。」

 

― どんな経営者になりたいですか?

「自分がトップに立つということで、
会社という集団に対してどれだけ尽くせるか、
いかに自分が率先して取り組めるか
ということをきちんと考えられる人になりたいです。
これは部活でお世話になっている弓道の先生から教わったことなんですけどね。」

 

落ち着いた様子でしっかり将来を考えている森さん。
最近は会社を継ぎたがらない後継者が多い中で、
その姿はとても新鮮に映りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
店内の様子。カフェにはまるでバーのようなカウンターがあります。

 

一体どうしたらこんな風に育つんだろ・・・??

不思議に思っていたその時、
お母様からその秘密を教えていただけることに。

 

「大きな理由とは言えないかもしれませんが、
うちでは毎朝5分程度家族で朝礼を行っているです。
5時半に家族が一列に並んで、気を付けをして、
『ほほえみ読本』の1節を唱和するのが日課。

これは先代が自分の気に入った歌や詩を集めた本なんですが、
その先代の教えをみんなで共有するために始めたんですよ。

それに、社員の方々は毎日を理念唱和していますしね。
にもかかわらず家族がしないのは変だろうってことで。」

 

えーーー!!毎朝5時半!?

一番末っ子のお嬢さんはまだ6歳。
でも毎日早起きしてがんばっているんだとか。

もう脱帽です。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「また、朝礼では家族で役割分担があるんです。

長男は家族理念を唱和する係り。
次男は読んだ1節の内容を一言でまとめる係り。
三男は1日の前向きな一言を言う係り。
そして末っ子の四女はほほえみ担当。口角を上げる練習をします。
母である私はあいさつ担当です。

お辞儀の作法も練習しますし、返事の仕方の練習などもするんです。」

 

もう言葉も出ませんね。。。
これが本当に毎日行われているというのです。

森さんが自然と会社を継ぐ意思を持つようになったのも納得!

 

ご両親としても、
人として大切な部分を育てたい
という想いからこの毎朝の朝礼を始めたそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『ほほえみ読本』には、
人生を豊かに、そして丁寧に生きるために大切なことが
たくさん詰め込まれています。

その中の1節を少し紹介。
『荒野に灯をともせ』

俺たちは開拓者だ
荒野を拓くが如く
理想の狼火を 一粒の麦を育てるが如く
愛の灯を
それがどんなに若く 小さくとも
たゆまず燃やしつづけよう

 

こうした詩を大きくなるまで毎日読むことで、
どれほど素敵な人柄を形成していくか、
それはお子さまたちを見ればすぐに分かりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左からお母様のさといさん、末っ子の翠さん、ご長男の森さん、漢方ドクターの薜さん。
突然のインタビューにも快く応じてくださいました。

 

こうした後継者の育て方もあるんですね。
なかなかここまでするのは大変かもしれませんが、
後継者問題で悩みたくないなら、こうした早くからの教育も1つの手です。

 

さぁそこの社長さん!
明日は5時半から家族揃って朝礼!!

きっと未来の後継者問題解決につながりますよ(笑)

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690