継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

経営コンサルタント小宮一慶氏の新刊?『後継者の教科書』??【インタビュー】

  • [レポート]

十数社の役員を務め、
テレビのコメンテーターとしてもおなじみの
経営コンサルタント小宮一慶さんの
インタビューです。

PA170802

 

『「1秒!」で財務諸表を読む方法』
『日経新聞の数字がわかる本』など、
数々のベストセラーの著者でもあります。

小宮さんが代表を務める
株式会社小宮コンサルタンツでは、
『KC後継者ゼミナール』という
後継者教育の機会も提供しています。

そこで『会社の後継者』について、
編集部の奥村が
インタビューさせていただきました。

 

 

― 今日はお忙しいところ、
お時間ありがとうございます。

小宮さんの本に『社長の教科書』
という名著がありますね。

では、もし『後継者の教科書』
という本を次に書くとしたら、

どんなことを書くでしょうか?

 

(小宮一慶氏:以下、「小」)
ありがとう。
いい企画だねえ、本当に書こうか(笑)

そうですね、
まず、経営の本質は変わりませんよ。
ただその力を身につけるには時間がかかるから、
若いときからやっておくといいですね。

たとえば、新聞を読み飛ばすのではなく、
メモを取りながら深く読むとか、
読み継がれてきた古典を何度も読むとかね。

 

― 小宮さんは、今でもそうやって
本を読んでいるそうですね。

小)松下幸之助さんの『道をひらく』などは、
もう100回以上読み返していますよ。
頭で分かっているのと「腑に落ちる」では、
レベルが全然違うのです。
何度も読んでやっと、
腑に落ちて行動に移せるようになるのです。

 

PA170837
『KC後継者ゼミナール』のひとコマ

 

― 小宮さんが後継者について感じる
ところはいかがですか?

小)後継者は、確かに自分に
あまいところはあるかなぁ。
恵まれた環境にいるからね。
だから反省する習慣を作るべきですよ。
反省する習慣が辛抱を作るのです。

賢い人は失敗する前に気づいて、
普通の人は失敗してから気づく。
バカは失敗していることすら気づかない、と(笑)

 

― そうですか・・・

小)まあ、どうやっても
後継者は先代社長にはなれませんから。
良くも悪くも。

世の中ってそんなに厳しいものではないのです。
努力していれば、
世の中が反応してくれるものです。
だかといって、あまくもないのが世の中で、
なめてもいけません。
だから『正しい努力を積み重ねなさい』
ということです。

 

― 将来社長になる人がやっておくといい、
具体的な努力とは?

小)誰よりも早く会社に来る。

トイレ掃除をやる。

日経新聞を読む。

これぐらいやれば
他の社員は安心するでしょう。
周囲は、後継者を「いずれ社長になる」
という目で見ていますから。
間違っても、
早く会社に来たからといって
『ジャンプ』なんて読んでちゃだめですよ。
社員は「もう会社辞めてやろう!」
と思うからね。

ここのところは、
そのまま原稿に書くように(笑)

 

― はっ、はい!

小)周りは後継者のことをよく見ていますから、
しっかり仕事をしなければなりません。
場合によっては仕事をしている“ふり”でもいい。
だいたい会社で『ジャンプ』を読むなんて、
さっきの話で言うところの、
世の中をなめているんですよ。

 

― ジャンプに個人的な恨みでも・・・?

小)いえ、ありません。
まあ後継者は、
これぐらいのことができなければ、
社長になんてならなければいい。
法律で継がなければいけないと、
決まっているわけでもないですからね。

 

PA170807

 

― 自分が社長になる会社のことで、
注意したほうがいいことはありますか?

小)親の会社に借金があまりに
多いようなら継がないほうがいい。
親は「こんな会社を継がせたらかわいそう」だと
思っていないから。
子供のほうががしっかり考えなければいけません。

 

― 同感です。

小)こんな会社がありましたよ。
初代が良い社長で会社を成長させたものの、
2代目が借金をたくさん積み重ねました。
そして、3代目に
何億もの借金とともに会社を継がせたあげく、
2代目が
「退職金1億よこせ」
と要求してきたケースがね。

退職金を払うためには、
さらに借金をしなければなりませんが、
もうこれ以上借りることも難しい状況で。

 

― ひどい話ですね。

小)こんなの“たかり”ですよ。
社長は自分の代で増やした資産の一部を
もらうぐらいでなければ。
全部吸い尽くしたら、
会社に何も残りません。

いずれにせよ、
後継者は継ぐ前に自分の会社を
よく見なければ。

 

― たしかにあまり見ていないものですね。

小)借金まみれの会社ほど、
社長は贅沢して
良い暮らしをしていたりしますからね。
それで会社が儲かっていると
勘違いしちゃいけない。

―普段社長や後継者に言いたいことを、
小宮さんに代弁してもらえて
スッキリしました(笑)

 

PA170822
社内セミナールームに掛けられた額です

 

― 話題を変えまして、
ベテランの経営者と若い後継者の世代で、
何か違いは感じますか?

小)若い後継者は素直でいい人が多いですよ。
話をよく聞きます。
ただ、いい人なんだけど、
能動的に何かやろうという姿勢に欠けるかな。
前向きに対応する面ですね。

 

― なるほど。
でも、どうすればいいでしょうか?

小)経営者の仲間を作ることが、
キッカケになるのでは。
成功している経営者ほど
面倒見が良かったりしますからね。

 

― だからと言って、ただ酒飲んで、
愚痴ってるだけのような
集まりはダメですよね?

小)もちろんダメです。
同じような境遇の人は避けたほうがいい。
たとえば、
ウチの会社の会員さんが集まるセミナーとか、
意識が高い経営者が集まる場がいいですね。

 

― “成功している経営者”
というお話が出ましたが、
小宮さんの指す成功とは?

小)長期的なものだよね。
何か一発当てて大金を手に入れた。
こんなのは博打と同じです。

長期的に成功するというのは大変です。
誰とは言いませんが、
一時で大きな金を手にした後、
ルール違反で退場させられた人がいましたね。
これは成功には入りません。
長期的に成功するためには、
『正しい努力』を積み重ねなければならないのです。

― やっぱり『正しい努力』ですね。
小宮さん、ありがとうございました。

 

 

◆特別付録「後継者への小宮語録」◆

インタビューの後、
運よく小宮さんの講演を聞くことができました。

小宮さんの言葉を抜粋してお届けします。

PA170853

 

一、後継者は抜群に頭が良くなる必要はない。
  ただし、人を良く知り、
  動いてもらえるようになければならない!

一、リーダーシップとは生き方だ。
  これさえ身に着けておけば、
  他のスキルは後からついてくる!

一、経営者が、会社の理念やビジョンを
  自ら体現できなければならない!

一、話を聞ける人間のもとに
  人心と知恵が集まる!

 

 

【取材雑感】

記者は、小宮さんの
コンサルタント養成講座」で、
かつて学んだことがあります。

頭のキレと人間としての優しさを
兼ね備えた小宮さんに、
「こんなスゴイ人がいるんだ」
と驚きました。

小宮さんのお話は、
いつも大切な原点を思い出させてくれます。

なお、インタビュー中、
「大きな借金のある会社に気をつけろ」
というお話がありました。
そんな会社でも、
なんとか良い部分だけでも残していく取り組みを、
私たちは普及させようとしています。

IMG_4815

 

《お知らせ》

株式会社小宮コンサルタンツは、
他にも『経営実践セミナー』等の
経営を学べる様々な場を提供しています。
後継者の皆さんが
経営の原理原則を身につける
きっかけとしてはいかがでしょうか。

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690