継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

《伝統工芸・九谷焼》古きを学び閉塞感を打破!!【上出長右衛門窯①】

  • [レポート]

九谷焼の若き担い手、
上出惠悟さんと奥様のあゆ子さんへの
インタビューです。

「伝統工芸の産地の現状とは?」

「新進気鋭のアーティストは
何を考えているのか?」

 

PA030670

惠悟さんは東京藝術大学の
美術学部絵画科油画専攻を卒業。

すでに作家として実績を残し、
29歳のときには金沢21世紀美術館に
作品が所蔵されたと。

梅田の阪急百貨店で個展を開いたり、
森美術館の「医学と芸術展」に出展した
実績もお持ちです。

kamide-dokuro_okashitubo_ha[1]

 

「周囲のみんなが主人を
盛り立ててくれるのです。

なにか機会を与えたら面白いことをする、
という期待を感じて
もらっているのだと思います」

そう語るのは、奥様のあゆ子さん。

京都の大学に入学し、
卒業後もそのまま京都に残って
着物の世界で働いていたそうです。

結婚してからは、
惠悟さんと一緒に仕事をしていらっしゃいます。

PA030620

 

 

大学卒業後、惠悟さんは九谷焼を
なりわいとする実家に戻りました。

九谷焼をめぐる環境や家業は、
どう目に映っていたのでしょうか?

「茶碗は売れないし、
職人がいなくなっている。

釉薬屋がなくなったりと、
産地として成り立たなくなるという
危うさを感じました。

ウチの窯も例外ではなく、
実際に経理を見たりすると、
作家としてやっているだけなら
どんなに楽だったか…と思うことも(苦笑)」
と、惠悟さん。

「お金のことで
こんなに暗い気持ちになることもあるんだと
実感しました」
と、あゆ子さんも。

 

PA030651

 

惠悟さんが、
こう胸のうちを明かしてくれました。

「僕はあまり経営的なことは
判らないので何人かの方に相談しました。

そうしたら少しずつ霧が晴れて
先に線路がないことが見えてしまった・・・。

最初は心のどこかで
『とはいっても、なんとかなる』
とあぐらをかいていました。

でも、自分がやらないと
未来はないなと思うようになりましたね。

さて、どうにかしなきゃ、
みたいな感じです」

 

PA030650

 

九谷焼をめぐる環境も、
厳しいものがあるようです。

第三者としては、九谷焼の世界に
足を踏み込まない道は考えなかったのか、
と気になるものです。

でも、そちらの選択肢は
まったくなかったようです。

あくまで九谷焼の可能性を
追求し続けてきた惠悟さんなのです。

 

PA030676
なんと、サーフボードのはし置きです!

PA030600
スペイン人デザイナー、ハイメ・アジョンとのコラボ。
何度も雑誌などで取り上げられたデザインです!

 

では、あゆ子さんは嫁いで来る時、
不安はなかったのでしょうか?

聞いたところ、あゆ子さんの実家は
公務員だと言うではありませんか。

「不安はなかったですよ(キッパリ)
前職の着物の会社で、
伝統産業の小さな会社の感覚は
なんとなく分かっていましたしね。

私は、主人の作品を見たときに、
すごいな、って感動して。

それから、こんな才能がある人をサポートして
活躍してもらいたいと思うようになりました」
と、あゆ子さん。

 

一方の惠悟さんは・・・

「僕は、妻が出張に出たときに、
もう帰ってこないと、
思ったことがありました。

夜になっても連絡が取れないから、
もう見捨てられたんだと・・・」
(一同爆笑)

IMG_0045

 

あゆ子さんは惠悟さんの一番の理解者であり
サポーターです。

「事務的なことや数字面が苦手だ」
という惠悟さんの穴を、
あゆ子さんが埋めてくれているそうです。

「社長が配偶者と一緒に働くべきか」は
一つの中小企業経営のテーマですが、
お二人の場合はとてもいい関係です。

 

《つづく》

後編の記事は、こちら

 

【お知らせ】

上出惠悟さんの会社の九谷焼は、
こちらのオンラインショップから手に入ります!

tc10

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690