継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

不動産コンサルタント畑中氏と語る、これからの不動産、ローン、親子関係【前編】

  • [レポート]

「お客さまの家を守り、継がせていくこと」
を目的に不動産コンサルティングを行っている
武蔵野不動産相談室株式会社
畑中学さんからお話を聞きました。
記者の本業たる小さな会社の再建に
関わる部分も多く、
大いに勉強させていただきました。

IMG_5027        

 

◆子供には言えないよ・・・

奥村 畑中さんのお仕事では
「住宅ローンが払えなくなって、
家を手放さなければいけないかも・・・」
のような苦境にあるお客さんが多いのですよね? 

畑中 ええ、そうです。
定年や給与カット、病気などで
それまでどおりローンを
支払えなくなった方からの相談が寄せられます。
不動産の所有者は60歳前後が多いですね。
でも、声がかかるのは
その子供さんからがほとんどです。

奥村 本人ではなく子供?

畑中 やっぱり親というのは、
子供にそういう話をなかなか言い出せないのでしょう。
ギリギリまで隠そうとするようで。
でも隠したところで
状況は改善するわけではないですから・・・

奥村 だから、子供が知ったときには
すでに末期症状! ですね。
僕がやっている会社再建や事業承継も
まったく同じです。
後継者が会社の状況を知ったときには
「こんなに悪いの!?」って。

畑中 まさにそのとおりです。
たぶん母親からお子さんに
「実はね」って話がいくのでしょう。
それで子供が
「もう自分が買うしかない」と動き出して。
そのあたりの不動産屋や銀行に相談して、
断られたりして、ウチに声がかかるようです。

4
▲畑中さんの事務所のゆったりと相談できるスペース

 

奥村 他で「できない」と断られた仕事が
回ってくるケースが多いところも、
僕とそっくりなんですが(笑)
そういう案件は、
普通の不動産業者では
やってくれないのですか?

畑中 難しいでしょうね。
税金や資金計画などのスキルを求められる一方、
面倒は多く、あまりお金になりません(苦笑)

奥村 やっぱり普通の業者は、
不動産を普通に右から左に流す仕事を
やりたいわけですね。

 IMG_5033
▲本棚には税理士や法律家向けの本がたくさんあります

 

◆借金を返せないのはウチだけじゃない!

奥村 「収入が減ってローンが払えない」
というケースは社会環境的には多いはずですが、
その人たちがマイホームを
買った当時の様子ってどんなものでしょうか?
金額とか年齢とか・・・

畑中 平成8年から9年あたりで
家を購入した人が多いですね。
40代後半のときに4000万ぐらいの
郊外の戸建てを30年のローンを組んで。
なお、その頃は、今よりも不動産の価格が
1.5倍から2倍ぐらい高い感じです。
公庫の金利では、4%前後ぐらい。

奥村 高いですね。
それでその後収入が下がったら、
返済を継続するのは厳しくなりますよね。
その頃ってバブルは崩壊後ですか?

畑中 バブル後です。
バブルの頃は、もっと不動産の値段は高いし、
公庫の金利なんて8%ぐらいでした。

奥村 あっ、そうか! 
今の僕らから見たら
「そんな金利の高い時代に高い不動産買っちゃって」って、
おろかに思うかもしれません。
でも、当時の感覚は全然違いますよね。

畑中 むしろ相当お買い得だと思っていたでしょう。

奥村 ですよね。
バブルで失敗した人を横目に、
「ここまで辛抱したから自宅が買いやすくなったぜ」
ぐらいの気持ちだったりして。
金利なんて半分になっているんだから、
絶好のチャンスだ!って。

畑中 まさか、その後
さらに金利が下がって1.8%になる日が来るなんて・・・
想像もしなかったでしょう。

奥村 怖いですねぇ・・・。
自分がそのときに自宅の購入を考えていたら、
同じように動いて
今苦しくなっている自信があります。

2

奥村 ちなみに畑中さんは、
住宅ローンを支払えなくなりそうな人の割合って、
どれぐらいだと感じていますか?

畑中 全体の2、3割では。

奥村 結構多いですね。
住宅ローンが払えなくなって、
自宅を手放すことになる予備軍がそんなにいるとは・・・。
でも、世の中には自分と同じように
ピンチに苦しむ人がたくさんいるのに、
当人は『自分だけが特別』だと
思い込んでいるものではありませんか?

畑中 あぁ、確かにそうですね。
それで自分だけの力でどうにかしようとして
息子の預金にまで手をつけたり・・・

奥村 僕がかかわる中小企業でも、
借金返済できないのは
自分の会社だけだと思っています。
それで変に隠そうとしたり、
自分たちだけでどうにかしようとしたり、
意固地になったり・・・
で、かえって問題解決が遠のくのがオチ、と。

畑中 そのあたりも似てますねぇ(笑)
間違った方向に努力しているケースも多いです。
たとえば、子供にカード会社から借金させて、
住宅ローンの返済に充てていたケース
などがありました。
子供が親から不動産を買取ることで
自宅を残そうとしようにも、
それでは子供がローンを組めなくて成功できません。

 IMG_5031
▲こちらは杉並のキャラクターだそうです

 

畑中さんとのお話は『後編』につづきます!

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690