継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

「銭湯」vs「図書館」 まちづくりのプロによる対談

  • [レポート]

今日は私がずっと実現させたかった対談の日。
「銭湯」をキーワードに
まちづくりをしている岡昇平さん。
「図書館」をキーワードに
まちづくりをしている花井裕一郎さん。
二人の夢のコラボなのです!!

PC141140
▲左、岡さん、右、花井さん

岡さんは以前インタビューを
させていただきました。
(前の記事はこちら
香川県の仏生山という地域で
岡さんは「仏生山温泉」という
銭湯を経営しています。

銭湯をまちづくりの拠点とし、
「アスパラ大騒ぎ」という
特産であるアスパラづくしのイベントや、
多くの出店者で賑わう「おんせんマーケット」など、
人があつまるイベントをたくさん仕掛けています。

一方、花井さんは
長野県小布施町の「まちとしょテラソ」を
図書館の館長として
「library of the year 2011」や
「世界で行ってみたい図書館15」
に選ばれるまでにしたお方。

もともとテレビ番組の演出家だったのですが、
現在は街のプロデューサーとして
“図書館から始まるまちづくり”を全国に提唱中。

そんなお二人の対談を聞ける機会なんて
そうはありません。

 

秋山:花井さんは仏生山温泉に
来るのが初めてということですが、
建物を見たときすごく驚いていましたね。

花井:いやぁ、こんなセンスのいい銭湯は
どこを探してもないでしょ。
シンプルだけど温かみがあるのもいいね。
壁にやたらめったに
ポスターを貼ってないところも(笑)

秋山:花井さんは図書館でも
「ポスターを貼らない方がいい」って
言ってますもんね。

花井:ポスターを貼るだけで
空間が台無しになっちゃうからね。
なんかやかましいじゃない?(笑)
その点ここはすごく空間演出がされてる。
さすがだね。

:ありがとうございます。
そうですね、やっぱりシンプルが一番なので、
ポスターなどは貼りません。
貼るのは「ことでん温泉」のポスターくらいです。

PC141149

秋山:このポスター大好きです!
琴電の車両で車掌さんたちが体洗ってたり
温泉に制服のまま入ってたり・・・
なんかシュール!

花井:これも岡さんが考えたんですか?

:そうです。おもしろいでしょ?

花井秋山:かなり!!(笑)

PC141148

 

秋山:岡さんは銭湯を拠点とした
まちづくりをされてますが、
どんなことを意識してやられてるんですか?

:仏生山のまちづくりは
10年スパンで考えてます。
変にまちづくりの組織とかも
作りたくないんです。
まちの人たちに自然と
そういう空気が伝わっていけばいいと思ってます。

PC141154

秋山「まちぐるみ旅館」っていう
取り組みもされてますよね!
そもそもどういった発想で生まれたんですか?

:そもそもの発想の原点は、
「まちって“住んでもらってこそ”なところ」だな、
というところなんです。

花井:分かります。
やっぱり住むことが大事ですよね。
小布施の町長も
「街灯がいらないのが 本当のまちづくり」
だと言ってましたよ。
家の明かりで十分なまち、という意味で。

:そうなんです。
でも仏生山には泊まるところがなくて。
そこで思い付いたのが
『まちぐるみ旅館』でした。

これは仏生山のまち全体を旅館に見立てて、
まちに点在する飲食店、浴場、
物販店、客室などのお店を
旅館というネットワークで
つないでいくプロジェクトなんです。
まちにいい経済循環が
生まれればいいなと思ってます。

花井:今は(旅館は)1軒だけなんですか?

:そうです。
もともと僕が個人向けに設計したもので、
オーナーさんが手放すのを機に旅館にしました。
「縁側の客室」という名前です。

花井:今日泊まりたかったんですけどねー。。。

:1日1組限定なんで。
ぜひまた来てください。お待ちしてます。
花井さんは今全国を忙しく回っていますが、
図書館からつくるまちづくりって面白いですよね。
ちなみに古くから街の賑わいの拠点は
「お風呂、図書館、劇場」と言われてるらしいですよ。

PC141147

秋山:その中の2つを実践している人が
ここに揃ってるのって
すごいですよね!
奇跡的!!

花井:僕たちはオブセリズムっていうチームを組んで、
全国に『まちじゅう図書館』という
仕組みを広めていってるんです。

秋山:岡さんの『まちぐるみ旅館』みたいですね。

花井:そうそう!
僕たちは本をコミュニケーションの
ツールにできればって考えてるんです。
本棚を街中に置いて、そこに本を並べてもらう。
今は東北を中心に取り組んでいますが、
これが全国に広がればいいなと思ってますよ。

:おもしろい!
でも本はどうやって集めてるんですか?

花井:全国から寄付してもらってます。
すごい量の本が届くんですよ。
それを各本棚に並べてもらって、
たまに交換もしていこうと考えてます。

:じつは僕も仏生山で古本屋をやる予定なんですよ。
花井さんの「まちじゅう図書館」の取り組みも
すごく興味あります!
ぜひこれから色々情報交換させてください。

花井:喜んで!

PC141144

PC141145
▲岡さんの銭湯では、お風呂で読む用の古本を販売。この日はちょうど
「50m書店」というイベントが開催されていました。

 

(おわり)

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690