継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

ベン、ベン、ベーン♪ 三味線の世界では? (前編)

  • [レポート]

長唄三味線の演奏家
杵屋禄山(キネヤ・ロクザン)さんとの対談です。

IMG_4214

 

伝統を受け継ぐ世界で活躍している
禄山さんからお話をお聞きすることで
なにかヒントを得られるのではないかと考えました。

なお、禄山さんと記者は20年来の友人なので、
少々馴れ馴れしい点はおゆるしください。

 

 

記者:長くお付き合いさせてもらっているので、
こういうシチュエーションも変な感じですが(笑)
改めて、よろしくお願いします。

禄山:よろしくお願いします。

 

記者:禄山さんから、
技の承継や後継者づくりについて
ヒントをもらえればと思ってきました。

現在の活動の様子について教えてもらえますか?

禄山:三味線の演奏家としてと、
指導者としての活動があります。

 

 

IMG_4157

IMG_4160

 

前者では、長唄の演奏会で演奏するのはもとより、
歌舞伎や日本舞踊の舞台に呼ばれて演奏するケースがあります。

一方の指導者としては、
自宅でお弟子さんにお稽古をつけたり、
カルチャーセンターや学校などで教えたりしたりもしています。

 

35K`1
左が禄山さんです。

記者:禄山さんの家は三味線の一家ということですが、
いつからはじまっているのですか?

禄山:祖父の代からです。

だから僕は三代目です。

 

記者:おじいさんは、
どういう経緯でこの世界に入ってきたのですか?

禄山:祖父はすごい人で、
昔は「神童」とまで呼ばれていましたそうです。

記者:神童!

禄山:他のお弟子さんの稽古を聞いていて、
「この前、ここはこう教えていましたよ」と、
師匠に指摘するぐらいだったそうです。
それを聞いて周りの大人たちは、
これはすごいとビックリしたみたいです。

記者:それはすごい。

禄山:それから九州から関西に出てきて
この世界に入ることになったそうです。

記者:まさに伝説の人だね。

 

禄山:孫としてのプレッシャーもあるよ。

あと、父も弟もこの世界で活動していて、
ちなみに、弟は唄をやっています。

僕は唄が苦手だったので三味線を選び、
弟はその逆で唄を選んだのです(笑)

記者:バランスがいいですね・・・。
えっ、ということは三味線と唄は
同じ世界の中なんですか?

禄山:そうです。長唄というくくりの中で、
三味線と唄に分かれているのです。

記者:へー、そうなんですね。
そんなことも知らずに取材に来てしまって・・・(苦笑)

 

R0023440
お弟子さんを見送る禄山さん。

白木の空間と和服がいい感じです。

 

 

記者:この道のプロになるまでは、
どんな感じだったの?

禄山:えーっと、最初は5歳のときに唄をはじめました。

小さい発表会に出ると、
祖父がご褒美でおもちゃを買ってくれて。

それがうれしいからやっていたような(笑)

 

記者:回りの子供は遊びまわっていたわけでしょ。

それなのに稽古をしなきゃいけないのは
嫌じゃなかった?

禄山:すごく嫌だった(笑)

じいちゃんのところに稽古に行くのは嫌だったなぁ。

 

記者:最初は唄だったんですよね。

じゃあ、三味線はいつから?

禄山:中学3年からだよ。

といっても、それまでずっと唄をやっていたわけではなく、
実は、唄にも三味線にもまったく関わっていない時期が
しばらくあって・・・

記者:禄山さんの思春期だ(笑)

禄山:そんなところだね。

それで、三味線をやるようになったけど、
まだ本気でやるようなつもりはなかったなあ。

高校のときはバイト感覚で演奏してたぐらい。

本気でプロになろうと決意したのは大学のときだね。

 

IMG_4176

 

記者:おとうさんやおじいさんに
「プロになれ」とは言われてこなかったの?

禄山:うーん、言われなかったなぁ。

じいちゃんのマネージャーをしていたばあちゃんが、
「他にやりたいことないなら、演奏家になってね」
と言ってたぐらいかな・・・

記者:ふーん、案外そんなもんかもね。

「やれっ」て強いられると、反発したくなるもんだし。

 

 

IMG_4244
これが演奏に必要な道具です。

 

以下、後編に続きます!

 

 

≪お知らせ≫

禄山さんの活動予定は
長唄協会のサイト
杵勝会のサイト
などをチェックしてください

平成25年9月7日(土)の
長唄協会関西公演では、
弟さんとの競演も予定されているそうです。

 

大阪帝塚山と京都出町柳で教室を開いています。
お気軽にお問い合わせくださいとのこと。
連絡先・rokuzan@nagauta.com

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690