継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

【THE】クリエイティブディレクター水野学氏と中川政七商店13代目、プロダクトデザイナー鈴木啓太氏との『定番のお話』

  • [レポート]

ずっと受け継がれていく“定番”。
こんな商品を生み出せたらいいですよね。

世の中の定番を新たに
生み出だそうとしている『THE』。
その立上げメンバーは次のお三方です。

『くまモン』のデザインでおなじみ、
good design companyの水野学さん。
本ウェブマガジンにも以前登場していただいた
伝統工芸界のカリスマ中川淳さん
中川政七商店13代目)。
そして『富士山グラス』をデザインした
PRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太さん。

この豪華な面々から、
“定番”について話を伺ってきました。

IMG_5161
▲左から、鈴木さん、中川さん、水野さん、です。

 

●定番とは何か?

「ホームランは狙って打てるのか」
みたいな話ですが、
はたして“定番”は狙って作れるものでしょうか?

水野:狙ってやっています。
ただ定番というのは、
時間が経ってはじめて定番だと
分かるものだと思います。
「定番を目指して作ること」×
「定番と認められていくための時間」です。
なので、私たちは
“作る”にベストを尽くしています。

中川:そういう意味では、
定番は「作る」ものではなく、
定番に「なる」ものなんでしょうね。

― 作っている段階では、
定番になるかどうか分からない
ということですか?

水野:一過性のものと定番で、
雰囲気の違いのようなものはあると思います。
芸人さんでも、いわゆる一発屋で終りそうか、
長く残りそうかは
最初からなんとなく分かるじゃないですか。

 

― では、定番となるために
外してはいけないポイント
みたいなものはありますか?

鈴木:僕らの場合、
5つの基準を設けています。
形状、歴史、素材、機能、適価です。
商品開発では、これら1つ1つの要素が
これからの定番に相応しいかどうかを
繰り返し議論しています。

IMG_5156

 

― 成果のほうはいかがでしょうか?

水野:売上は尻上がりに伸びています。

中川:とにかく、商品にハズレがないのが特徴です。
手堅く売れてくれています。
ただ、定番というものは、
売る立場の人間からすると売りにくいのですよ。

― そうなのですか!?
定番を持てたらおいしいと思うのですが。
不良在庫にもならないし・・・

 中川:もちろん経営者は
「10年20年と売れ続けたらいい」
と思っています。
でも、実際はそう簡単には売れません。
たとえば、定番になりうるシンプルなグラスと、
特徴のある変わったグラスが二つ並んでいたら、
お客さんはまず後者に目がいきますよね。

― たしかに。
それでもあえて
定番に挑んでいらっしゃるのですね。

IMG_5157

 

 

良いものよりもスタンダードを作りたい

― 『THE』は、どういうきっかけから
スタートしたのですか?

鈴木:僕が、水野さんとある仕事で
ご一緒したのがきっかけです。

水野:「おしゃれに疲れた」
なんて話をしていました。
そのとき啓太(鈴木さん)が、
オーソドックスなグラスを作りたい
と話を持ちかけてきて、
「面白い!」と。
それで、どうせやるなら
自分たちでリスクを負って、
作って売るまでやろうということに。

鈴木:おもしろいとか、
かっこいいは今の世の中には
たくさんあります。
でもそうじゃない、
毎日使いたいと思う、
普通に使えるものが欲しいと思いました。

―それから中川さんが?

中川:はい。
僕を金づるにしようとして、
二人が声をかけてきました(笑)

水野鈴木 いやいや!!(汗)

水野 私たちデザイナーは
販売力があるわけではありませんが、
中川さんは経営と販売のプロ。
経営のプロ、プロダクトデザインのプロ、
クリエイティブディレクションのプロが
タッグを組んでものづくりをしているのが
『THE』なんです。

 

どんな商品作りを
目指していらっしゃいますか?

水野:僕たちは単に良いものを
作ろうと思っているのではありません。
もちろん最善の製品を作る努力を最大限していますが、
ただ良いものよりも、
スタンダードを作りたいと思っているのです。

たとえば、コップを思い浮かべるとき、
THEのコップが頭に思い浮かぶように
なればいいな、と。
ゼロとか、原点を作る、
に近いところでしょうか。
評価軸を作るというプロジェクトなのです。

IMG_5151

 

なぜ、そのような取り組みをしようと?

水野:差別化という言葉が流行っていますが、
私は差別化の行き過ぎを感じています。
60年代から70年代は
大量生産・大量消費で同じものが溢れていました。
そして消費者がその状況に飽きるようになると、
今度は、企業が消費者を追いかけて
一生懸命差別化をしようとしてきました。
その結果、世の中に『普通』が
無くなってしまったのが今だと思うのです。

鈴木:水野さんは、この状況を
『市場のドーナツ化』と呼んでいますね。

THEの取り組みは、
基本に戻そうというものですね。
なにか、そうすべき危機感のようなものを
お持ちなのですか?

水野:例えば、
ジーンズ大手の某E社が潰れたことです。
同社には定番的なアイテムがありましたが、
「変わったものを作らなければ」という
焦りを私は感じていました。
しかし、変わったジーンズという領域では、
すでに別の強力なライバルがいたわけで・・・

あまり消費者のお尻を
追いかけ過ぎてもいけない、と?

 水野:ええ、そうです。
過度なマーケティングへの
疑問から生まれたのが『THE』と、
言えるかもしれません。

そういうことですか。
みなさん、貴重な時間を
ありがとうございました。

 

【THEのアイテムの紹介】

続いて、こんな考え方から生まれた
『THE』のアイテムを
紹介していただきましょう。

①「THE GLASS」

product-glass-02-620x451[1]

最もグラスらしいグラスとは何か。
徹底的に考察しました。

形状は
持ちやすく、
飲み口の当たりが良く、
洗いやすいこと。
スタンダードで長く使えること。

素材は
丈夫で割れにくく、
日常の中でストレスなく使えること。
注いだものがおいしそうに見えること。

容量は
最もスタンダードと呼べる大きさは何かと考えた結果、
ショート・トール・グランデの
3サイズ展開に至りました。
つまり、大規模展開しているあのコーヒーチェーンのカップと
同じ形状、容量。このサイズこそが、
万人共通のスタンダードであり、フォルムであり、
最も使いやすく、
生活に馴染むグラスであると考えたのです。

product-glass-03-620x451[1]

『THE GLASS』は、
耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)を
贅沢に極限まで厚く用いることで、
割れにくく、軽く、電子レンジや食器洗い機でも
使えるグラスを実現しました。

②「THE LUNCHBOX」

product-lunchbox-01-940x626[1]

日本の食文化のひとつ、「お弁当」。
お弁当箱におけるTHEとは何でしょうか。

樹脂製のお弁当箱が増えた昨今ですが、
『THE LUNCHBOX』の素材は、
敢えてアルミを選びました。
軽くて丈夫。表面の酸化膜によって、
プラスチックに比べ傷が付きにくい性質を持っています。
そのため、傷に細菌が入りこみにくく衛生的。
腐食も殆どありません。

product-lunchbox-03-620x930[1]

一般的なアルマイトの弁当箱よりも底面積を小さくし、
その分高さを出すことで、
持ち運びしやすくカバンの中でも
邪魔にならない形状を実現しました。
容量は375ml。お子様は一つ、
大人はご飯用とおかず用で二つ使って頂くと
ちょうどいいサイズです。
また、通常のアルマイト弁当箱よりも
上蓋を長くすることで蓋を外れにくくし、
汁漏れなどが起きにくい設計にしました。
蓋の開閉が非常にスムーズなのも特長です。

 

【お知らせ】

『THE』のアイテムは、ショップ
または、中川政七商店公式通販サイトから
お求めいただけます。

shop-highres-940x626[1]

 

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690