継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

美人三姉妹のふるさと【山梨県芦川村】を現地取材!!限界集落の実態は?

  • [レポート]

前回「限界集落!?」美人三姉妹が村おこしに挑む【芦川ぷらす】の記事で、
地元を盛り上げるために東京から山梨の芦川村に戻り、
まちづくりに挑む三姉妹をご紹介しました。

今回は実際に芦川に行き、
限界集落と呼ばれる地域がどうなっているのか、
その実情をレポートします!

————————————————————-

 

東京から山梨県の芦川までは車で2時間程度。
週末のお出かけにもちょうどいいくらいの距離です。

芦川は標高約600~1000mの間に位置する山間集落。
山道をぐんぐん登って行きます。

まるで俗世から遠ざかっていくようです。

芦川

辿り着いたその場所から見えるのは
まさに自然だけ。
余計なものはありません。
ポツポツとおうちが見える程度です。

古民家

まず向かったのは「農啓庵」という古民家。
芦川に惚れ込んで東京から移住した方が
リノベーションをしました。
現在は宿泊やイベントに利用されています。

 

それから村を散策。
標高が高いため地上より気温が5度以上低いのですが、
この日は気候がよくてポカポカお散歩日和。
道でお会いした人にお話をお伺いすることもできました。

写真

「若い人が来るのはうれしいねぇ」

芦川は夫婦2人暮らしか1人住まいのお年寄りが多いので、
若い人が来ることはやっぱり嬉しいのだとか。

現地のみなさんに会って思ったことは、
みなさん本当に元気だということ!!
農業をされている方がほとんどなので、
日頃から体を動かしているからでしょうか。

goroujinn

「限界集落」というと
勝手にマイナスなイメージを持たれがちです。
しかし実際そこで生きる人に会ってみると、
都会の人たちよりもはるかに元気でイキイキしているのです!

そこではこんなお話も。
数年前に2億円をかけて老人ホームがつくられたのですが、
蓋を開けてみると利用者はほぼゼロ。
みんな元気だから老人ホームに通う必要がないのです。
結局その老人ホームは宿泊施設に転用されました。
地域の実情をちゃんと把握しないと、
こういう事態を招いてしまうのですね。

 

こんにゃくや

 

芦川では地元の人が愛してやまない蒟蒻屋さんにも行きました。
地元の人はここの蒟蒻を「日本一」と豪語します。
この蒟蒻屋さんは2代続いた50年以上の歴史をもつお店。

 

コンニャクイモ

蒟蒻を手で煉って丸める製法は
手間がかかるので今ではもうほとんど使われていない手法いなのですが、
ここではいまだにその製法で作られ続けています。
出来あがった蒟蒻はまん丸で透き通っており、
口当たりもプルプルでまさに絶品!
蒟蒻特有の臭みもありません。
宣伝は全くしていないのに、口コミが広がり、
都内の有名料亭でも使われています。
夫婦で営む小さな蒟蒻屋さんが
1日1000個も売り上げているというのだから驚きです。

 

奥様

しかし問題は後継者がいないという事。
これだけ需要があるのに
それを継ぐ人がいないなんてもったいなさすぎます。
のれん分けをするなどして、
どうにか昔ながらの製法を引き継ぐ人がいないものか。。。
『なりわい承継メディア』としては無視できない問題です。

 

蒟蒻屋さんに行った後は炭焼き体験へ。

炭焼き

小屋の中にサクラやナラの木を並べ、
じっくり1週間かけて炭にしていきます。

炭焼き場
芦川では小学校でも炭焼きを授業で行うのだとか。
ここの炭は鎌倉のカフェでも使用されています。

炭

普段できない体験に興奮してしまいました。

 

囲炉裏

夕食は農啓庵に戻って芦川の野菜や鹿を囲炉裏でグリル。
新鮮なお野菜やお肉は違いますね。

ごはん

蒟蒻だって立派なごちそうです。
にんにく醤油をつけていただきました。

こんにゃく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂は五右衛門風呂。
お湯が普通のお風呂よりもやわらかいんです。
やはり薪をくべて沸かしたお風呂は違います。

五右衛門風呂

 

1日たっぷり芦川を堪能した私たち。
大自然のおいしい空気とごはんに日頃の疲れも吹き飛びました。
都会から2時間でこんなリフレッシュできるところに来られるなんて。
平日は都会、週末は田舎、というような
『都会も田舎もある暮らし』が
これから主流になるのではないでしょうか。

 

(おわり)

 

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690