継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

損得勘定の世の中の“次の生き方”を考える【京都移住計画】

  • [レポート]

この度、プロジェクトと同名の著書
『京都移住計画(コトコト)』
出版した田村篤史さんからお話を聞かせていただきました。

なおこの記事は京都で開催されたイベント
『インタビューのチカラ』の中で行われた
公開インタビューが元になっています。

P4231661

 

================================

 

「田村君はある意味、公務員だね」

ある人が田村さんの活動を評して、
こう表現したことがあったそうです。

京都への移住を推進し、就労などのキャリアを支援、
さらにはコミュニティースペースの運営もする田村さんの動きは
公務員よりも公的かもしれません。
今回は、そんな田村さんのお話を
「これからの生き方は?」の視点でお聞きました。

 

DSC03704

 

やり取りの中で「いいな」と思う
田村さんの考え方に触れることができました。

「お金をいくらでも使えて、
みんなが田村さんを支持してくれるとしたら、
どんな社会を作りますか?」
記者の僕は、こんな極端な質問をしました。

すると、しばらく考えたあとに
「・・・ぜんぜんピンときません」と。

田村さんは静かに語ります。

「マクロになればなるほど、
ぼやけて何をしていいのか分らなくなります。
それなのにお金や物がたくさん集まったところで・・・。
広げるほどに自分ごとじゃなくなって、
ワクワクがなくなってしまいます。
それよりも、目の前の人といかにかかわるかが
大切ではないでしょうか」

この答えを聞いて「ハッ」としました。

ものごとを大きくとらえたり、
顔の見えない人の集合体と見てしまうことで、
おかしなことになりつつあるのが、
これまでの世の中だったのかもしれません。

たとえばそれは、自治体の
「とりあえず箱モノを作っておけばいいだろう」
みたいなアクションであったり。

田村さんの回答は、そんなスタンスへの戒めに聞こえました。

 

P4231627

 

田村さんは京都に帰ってくる前、
東京でキャリア支援の会社に勤めていたそうです。

「仕事は好きだったけど、リアリティがなかった。
誰かと出会っても、その人とつながることがない。
みんなが一見さんというような状況です」
と、そのときの様子を振り返ります。

人がたくさんいるから、
二度と会わないでも仕事ができるのですね。
そんな日々から
「京都ならちゃんと人とつながることができるだろう。
そして、一度つながった人たちとは
つながり続けることができるだろう」
と思うようになったそうです。

 

DSC03691

 

では、田村さんは人との関係性で、
どこをポイントにしているのでしょうか?

「たぶん僕は“人間はいろいろ”ということを大切にしたいのだと思います。
たとえば、東京に行って就職する人は多いものですが、
本当に東京で暮らしたくてみんなそうしているのか、と。

みんなが暮らしたいところで暮らせるほうがいい、と思うのです。
だから京都移住計画で移住を支援しています。
たまたま自分が京都出身だから京都を掲げているだけで、
場所はどこでもいいのです。
みんなが暮らしたいところで暮らしてもらえるようになれば。
僕も、ほかの人も、既存の価値観のせいで窮屈な思いをするのが嫌なのです」

 

田村さんは京都に戻ったことで、
いわゆるビジネス的な成功からは遠ざかったかもしれません。

そんな問いをしてみたところ、
「正しい選択ではないでしょう(笑) でも、楽しい道です」
と軽快に答えてくれました。
なお、楽しいと楽(ラク)は意味が違うそうです。

P4231652

 

これまでの経済に重きを置いたやり方の弊害が
目に付くようになっています。
また経済成長がとまり、
その方向性で突き進むことの限界も感じます。

田村さんのように、どこにも属さず
自由な価値観で人とつながりながら何かを生み出していく姿に、
これからの時代の生きるヒントがあるように感じました。

(おわり)

 

●田村さんの著書は好評発売中です!

『京都移住計画(コトコト)』
41QSGOFk4yL._SL500_AA300_[1]

 

●京都移住計画のサイトはこちら
http://kyoto-iju.com/

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690