継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

街のお店を継いで小商いをはじめよう!【経堂さばのゆ】

  • [レポート]

こんにちは編集長の秋山です。
先日東京の経堂にある「さばのゆ」で
奥村隊長のトークイベントが行われました。

 

IMG_5755

 

トークのお相手は
さばのゆのご主人である須田泰成さん。
東京・経堂の「さばのゆ」と、
大阪・福島の「さばのゆ温泉」というイベント酒場を運営しながら、
周辺のコミュニティを巻き込んで、
全国の地域・産業の活性化を行っている名プロデューサー。
また、テレビ・ラジオ番組の企画・構成の他、広告制作などの仕事も
手広く取り組まれているマルチなお方であります。

 

そんな2人のトークセッション。
まずは奥村隊長の本
『リノベーション起業』の話から始まりました。

 

IMG_5740

須田さん

奥村さんの本、とても興味深かったですよ。
建築のリノベーションが「形として見えるリノベーション」なら、
奥村さんの提唱するリノベーションは
「形に見えないリノベーション」ですよね。
味やお店の存在そのものを残すというか。

奥村

そうですね。
いい会社やお店がなくなってしまうのを、
第3者が継ぐことで残していこうというものです。
やはり会社の中だけでは解決できない問題は多いので。

IMG_5748

 

須田さん

いやぁね、経堂にもいいお店だから
どうにか後継者が現れてほしいっていうお店
たくさんあるんですよ。
それに後継者がいなくてどうしようっていう相談も
10年前くらいからかなり受けてます。

たとえば、Hっていううどん屋さん。
店主が面白い人で、
40年くらい寺で修行しながら旅してきたんだけど、
58歳で店を出したんだよね。
ここがまた美味しんです。

今は65歳を超えてるんだけど、
リウマチがひどくなってしまって、
どうにか元気なうちに若い人に技術を伝えたいって
私のとこに相談に来たんです。

 

奥村

58歳で店を出すってそれもまたすごいですね(笑)

 

須田さん

いやね、店を継いでくれるなら
大家さんに交渉してもいいとまで言ってくれてるんですよ。
どうにかできないかなって思って。

 

IMG_5753

奥村

でもそうやってSOSを出してくれてるだけありがたいですね。
世の中のほとんどのお店や会社は
後継者探しにジタバタすることもないですもん。
人知れず辞めていくケースが多いので、
継ぐチャンスもなく終わってしまうんです。

SOSを出すことが恥ずかしくないっていうことを
店主の方にも分かってもらわないといけないですし、
そういう世の中にしていかないといけないですね。

 

須田さん
まだまだ他にも後継者に悩むお店を知ってますよ!
葛飾区にあるブリキ屋さんに、
群馬の和紙工場、その他もろもろ・・・。

 

奥村

今の若い人は丁稚奉公が苦手でしょ。
だから多くの人は続けられないんですよね。
継がせたい方は頑固で話が長い人が多いから、
どうしても若い人は逃げてしまいがち。

でもきっと若い人の中にも
そういう所で働いて、いつか店を出したいっていう人が
いると思うんですよね。
だから、私としては
継ぎたい人と継がせたい人をマッチングさせることができたら
と思っています。

 

須田さん

特に飲食店は継いでもらいたいところが多いですね。
あの味だけはなんとか、っていうお店はどうにか残ってほしい!

 

奥村

まちを生き返らすのは小商いです
私たちも【継げるお店&会社バンク】みたいなのを作れればと
現在計画中です。
これまでは事業承継って
身内や社内だけの狭い範囲のものでしかなかったんですが、
その対象を多くの人にまで広げれば、
事業承継の可能性もずいぶん広がると思います。

 

須田さん

でも借金とかあった場合はどうなんですか?

 

奥村

それはどうにかなるんですよ。
本にも書いていますけど。

 

須田さん

そんなもんなんですね(笑)
じゃあほんとに誰でもリノベーション起業ってできそうですね。

 

IMG_5722

 

 

~さてここから話はこの先の未来について~

 

須田さん

この先の社会ってどうなると感じていますか?

 

奥村

いや、今のままだと非常に厳しいと思いますよ。
資源もどんどんなくなりますし。
でも上手くいかなかったことを誰も考えていないんですよね。
私はここが一番の危惧すべきところなのではないかと思ってます。
いざ収入が減った時にでも生きていける力をみんな持っていた方がいいんです。
その手段として「小商い」があるのではないかと思います。

 

須田さん

「小商い」について奥村さんはどういう定義をしてるんですか?

 

奥村

私が考えるのは、「顔の見える関係」ですね。
あとはヒューマンスケールです。
どれだけ人とのつながりがあるかが、
小商いのポイントだと思います。

 

須田さん

顔の見える関係と言えば。
実は私も今「全国長屋計画」を考えているところなんです。
落語に出てくるような世界を実現したいなと思いまして。

 

奥村

いいですね!
どんどん面白くしていきましょう!!

IMG_5744

 

こんな感じで終わりを迎えた
2人のゆるーいトークですが、
会場に来てくださったお客様の中には
積極的に質問をしてくださる方もいらっしゃいました。

 

【リノベーション起業】の波を
この経堂でも広げていきたいものです。

それではさっそく瀬田さんオススメのHうどん屋さんに
行ってみたいですね~!

 

(おわり)

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690