継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

【気仙沼】打ち上げられた船、残す?残さない?

  • [レポート]

『次代につなぐもの』
それは目に見えるものに限りません。
人々の記憶もまた、次代につないでいくべき大切なもの。

ではどうやって記憶を残してくべきなのか。

東日本大震災で被害を受けた地域では、
今まさにそのことについて議論がなされています。

「災害遺構」
震災による痕跡を未来の防災に役立てるために残すべきか・・・。
私がかかわっている宮城県気仙沼市でも、
まさにその問題に直面しているところでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全長約60メートル、総トン数330トンの大型巻き網漁船「第18共徳丸」。
津波で気仙沼漁港から北約500メートルまで流されました。

気仙沼市には内陸に打ち上げられたままになっている大きな漁船があります。

「第18共徳丸」

震災の象徴として全国の注目を集めたこの船。
遺構として保存されるような話もありましたが、
先日、気仙沼市長は保存を断念することを表明しました。

これは、市民アンケートで「保存の必要はない」との回答が約70%に上ったため。

また、第18共徳丸を所有する水産会社も、
「保存に反対する地元住民が多い」などとして、
既に市に解体の意向を伝えていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このことに関しては、
やはり地元の人の中でも意見は分かれています。

たとえば、
市の人口は7万人弱なのに対し、アンケートの回答数は1万4000通。
わずか20%に過ぎません。
その中の70%が反対の意向を示しているとしても、
市全体からすれば14%程度。
これで市民の総意と言えるのか、と主張する人もいます。

また、未来を担う子どもたちの意見をもっと聞くべきではないか、
と訴える人も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方で、解体を望んでいる人ももちろんいます。
「今後復興を進める上で、あの船は邪魔になるのではないか」
「像のようなモニュメントだけ遺せばいいのではないか」

さらには、
「あの船があって喜んでいるのは観光関係の人たちだけだよ」
という声すらありました。

しかし、そうした解体を望む声の中でもっとも多いのは、

「あの船によって亡くなった人、壊された家や工場がたくさんある。
船を見るたびにそれを思い出すのがつらい」

というもの。

私が仲良くさせてもらっているおばあちゃんも、
「私の友達はあの船のせいで死んでしまった。
それにまだあの下に眠っているひとがいるかもしれない。
あの船はいらないよ・・・」
そう目に涙を浮かべて話していました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「未来に記憶を残す」
そのために、どちらを選択するのがいいのだろう・・・。

みなさんはどう思いますか?

正直なところ、私には正しい答えなんて分かりません。

ただ、
同じ日本の中でも、こうした問題に向き合いながら日々過ごしている人たちがいる、
そのことを忘れないでいたいと思いました。

 

***************************

追記

取材に行ったのは8月中旬でした。
その後、9月9日から第18共徳丸の解体作業が始まったようです。
地元の人も、思うところはそれぞれ。
この決断が良いか悪いかは、未来になってみないと分かりません。

BB編集部だより

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。

  • 10468112_757462877667489_7111715135649448782_n[1]

    カマコンバレーさんで勉強会

    ユニークな街づくりの取り組みとして注目を集める『カマコンバレー』の勉強会で講師を務めさせていただきました。何かが生まれる雰囲気がムンムンで、すごく刺激を受けました。(おくむら)



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690