継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

【山陽堂書店・後編】創業120年“ギャラリーのある本屋”へ

  • [レポート]

●山陽堂書店の新たな挑戦

 

山陽堂書店さんの後編は、
新たな挑戦についてお伝えします。

⇒山陽堂書店さんの前編の記事

IMG_3903

 

2011年6月、創業120年を迎えた山陽堂書店は
「ギャラリーのある本屋」
に生まれ変わりました。

 

「本屋を続けるのは大変よ!」
開口一番、遠山さんは僕に言いました。

 

アマゾンの台頭や活字ばなれ・・・

皆さんご想像のとおり、
街の小さな本屋さんをめぐる環境には
難しいものがあるのです。

そこで、後編では山陽堂書店さんの
新たな取り組みについてお伝えします。

環境にあわせて自分のあり方を変えていく、
という視点で何かのヒントとなれば幸いです。

 

IMG_3897

 

2011年6月山陽堂書店さんは、
ギャラリーのある本屋に生まれ変わりました。

 

これまでどおり本を売ることから、
さらに一歩踏み込んでみよう、
という取り組みです。

 

しかし、言うはやすしです。

書店をリニューアルするにはお金もかかるし、
行動を起こすにはエネルギーが必要です。

創業120年という歴史が、
重荷になるかもしれません。

 

いわば自己変革をしなければならないのですから、
簡単なことではないのです。

 

この点につき、遠山さんは
「私が何もしていなかっただけだ、と気づいた」
と語ります。

 

たとえば、ある地方の郊外にある
小さな書店が開催した原画展などの取り組みを見て、
「何で、ウチでできないんだろう」と。

そこで出た結論は、
やってなかっただけだと。

 

だから一歩を踏み出そうと決意されたそうです。

遠山さんが接した人々がマインドをくれた、
とおっしゃります。

 

IMG_3883

 

ギャラリーを作ろうと思いつき、相談していたところ、
「ぶれないようにコンセプトをしっかり決めること」
と、ある方からアドバイスを受けたそうです。

 

余談になりますが、
僕が後継者と会社の再構築をする際にも、
事業のコンセプトを見直すケースが多くあります。

コンセプトを上手に作り、
徹底できれば成功できる可能性が高まるのです。

 

 

遠山さんはギャラリーのある本屋を作るにつき
「わ」をコンセプトにすることにしました。

 

心が動くと、人は「わ!」となり、

その人は他の人に話をしたくなる。

すると人の「輪」ができる・・・

 

そんな「輪」がどんどん芽生えてくる場に、
山陽堂書店をしたいということです。

 

 

すると本当に「わ!」と「輪」ができ、
自分たちのところに戻ってくるようになったそうです。

 

ギャラリーの展示がキッカケで新しい本が生まれたり、
詩人の谷川俊太郎さんら谷川家三代が集まった
トークセッションを開催できたり、

イラストレーターの安西水丸氏による教室
「山陽堂イラストレーターズ・スタジオ」
がはじまったり・・・

 

IMG_3929
安西水丸さんの個展のお知らせハガキです

 

 

何かを生み出される「場」に
山陽堂書店は進化しているのです。

 

新しいチャレンジはまだまだ手探りの状況だといいます。

それでも
「本と人のおかげでここまでやってこられた」
とおっしゃります。

 

思えばこの取材も、出版社のミシマ社さんとの
ご縁があったからこそ、でした。

 

山陽堂さんは、
街に対する使命感と
街に対してひらかれたマインドをお持ちです。

(このあたりのことは前編の記事をお読みください)

だから、本と人、人と人が結びつき、
化学反応が生まれる「場」になっているのでしょう。

 

人は何かを語りたい。

誰もが語るべきものを持っている。

そして、語ることで次に進める。

 

ギャラリーをはじめてこう思うようになったと、
遠山さんはおっしゃります。

山陽堂書店さんは、
そんな語れる場に変わったのでしょう。

 

 

《おまけのコーナー》

今回の取材先は本屋さんなので、
オススメ本の紹介を
遠山さんにおねだりしちゃいました。

前に進む力が沸くような本がいいなぁ、と。

 

そこで教えていただいたのが
『ボールのようなことば。』
(ほぼ日文庫・糸井重里著)

IMG_3932

 

オビには
「若い人へ、糸井重里のことばを。」
と書かれていますが、

遠山さんの81歳になるお母さんも
「どこを読んでも『ことば』の奥に
やさしさがこもっていていいねえ。」
とお気に入りだとか。

 

表参道で、
山陽堂書店さんのギャラリーをのぞき、
この本を買って帰る・・・

素敵な一コマですね。

 

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690