継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

“古典フェチ”師匠が教える『読み方のコツ』とは!?

  • [レポート]

古典。

それはまさに時代を超えて受け継がれてきたもの。

ですが、僕はダメなんです。

少し読みはじめただけで睡魔が・・・

 

「古典から学べ」と、
これまで何回も言われたことがあります。

もちろん、
いいことが書かれていることは知っています。

 

でも・・・なんです。

あの無味乾燥にしか思えない世界。

そこにいると、カビが生えてきそうです。

正直、つまらない。

 

ただ「それでいいのか?」
という負い目はあります。

人類が学んできた英知を知らないままで。

 

こんな悩みを解消してくれる人はいないかな・・・?

あっ、いました!! 古典フェチの武内師匠

6

 

師匠はただの古典フェチではありません。

スーパー・フェチです。

飲食店などの接客サービス業の
コンサルティングを本業としていますが、
古典の研究を続けてきたもう一つの顔があります。

(師匠の会社⇒リスペクトマインド株式会社

 

15歳のときから古典を読み、
古典から学ぶ『わらじの会』という
勉強会を主宰しています。

古典を通じて生き方と世の中を
研究し続けてきた人なのです。

 

本棚4
“本棚にはたくさんの古典関係の本が。
「エッチな本は隠しました」とお茶目な師匠”

 

そんな武内師匠に、疑問をぶつけてみました。

「古典を読んでもつまらなくて、
ちっとも頭にはいってきません」と。

 

曰く・・・
「古典の文面を読み始める前に、

その古典が書かれた時代背景や
目指したものを知ることが大切だと思います。

書かれたのはどんな時代で、
著者は何を思っていたか、
を知ることでピンとくるものがあるはずです」
と。

 

なるほど。

これまでの僕は文面だけ見て
退屈していたようです。

歴史的背景や文化の違い、
さらには作者の感情に注目すれば、
読み方が変わるかもしれません。

 

さらに曰く・・・

「日本と中国では違いがあるし、
目指しているものが違っていて当然です。

今と昔では、時代的なギャップもあります。

たとえば、孔子の時代では、
社会が『戦国乱世の混乱状態』になっていたから、
彼は『世の中の乱れを正して、人々を救い、
豊かで幸せな国造り』をしようとしました。 

そういった根っこの部分を共有しないで、
現代の私たちが古典を読もうとしても
難しい面があるでしょう」

だとも。

 

 

当時のことを知り、
そこに生きる人のことを知る。

すると無味乾燥だった古典が、
血の通ったものに思えてくるから不思議です。

その先にはフェティシズムに彩られた
官能の世界が待っているのです。

 

15

 

こんどは師匠から・・・

 「ちなみに、日本人は古来から何を大切にし、
何を目指してきたか分かりますか?

その答えは聖徳太子の
『十七条憲法』に書いてあります。

『和を以て貴しとなし、~』と。

そう、“和”なんですよ」

 

十七条憲法は学校で勉強しましたが、
その内容について考えたことは、
これまでありませんでした。

 

「聖徳太子は新たな調和を生み出し続ける
『新しい和』が必要だと説いたと思うのです。

調和というものは時が流れると乱れ、
そのままにするとカオスとなります。

だから再び“和”を作ります。

しかし、時間がたてば再び乱れるから、
また新しい“和”が必要となる。

この繰り返しなんですね。 

日本人はこの“和”を大切にし、
“和”にする能力を持った存在だと思うのです」

 

IMG_4260

 

おー!
いきなり日本人の真髄を教えてもらえました。

僕たちは和の国の人間であり、
和を作る人々なんですね。

お話を聞いて、
今こそ、もう一度“和”を大切にしなければならない
という気がしました。

 

師匠から日本人の深いところまで聞いちゃいました。

もう、古典は読まなくてもいいですね・・・
(ウソです。ごめんなさい)

 

IMG_4262
はにかむ師匠

 

今さらながら、師匠、
古典から学べるものって何でしょうか?


「原理原則です。

日本人が目指しているものは変わらない以上、
その原理原則は同じはずですね。

やり方は時代によって変わるでしょうが、
原理原則は変わりません」

 

 

話を聞きながら、
ふと、僕は疑問が沸きました。

どうして師匠はそんなに、古典、
さらには原理原則にこだわるのですか?


「ウチは、オヤジが会社を潰して、

一家で夜逃げをしました。

もちろん家族は大変な思いをしました。

そうなったのは、
間違ったことをしたことが原因です。

間違ったことをすると
みんなに迷惑をかけてしまいます。

だから、僕はどう生きるかの答えを
古典に求めたのだと思います」

 

人に歴史あり。

師匠が語る古典が、
ぐっとリアルなものになりました。

 

 

最後に、一押しの古典を
紹介していただけませんか?

佐藤一斎の『言志四録(げんししろく)』です。

 言志四録は

 1.言志録(げんしろく)
 2.言志後録(げんしこうろく)
 3.言志晩録(げんしばんろく)
 4.言志耋録(げんしてつろく)

 4巻で言志四録です。


一押し1

中国の古典や仏教、
日本の神道が日本独自の文化と融合しています。
東洋哲学の集大成ではないかと
僕は勝手に思っています。

 明治維新で活躍した人たちは、
佐藤一斎の教えを受けた流れの人達が
多いのです。

 西郷隆盛の南洲翁遺訓は、
ほとんどが言志四録からですよ」

IMG_4265

師匠、ありがとうございました!!

そして、古典フェチとか言ってごめんなさい・・・

 

 

《武内師匠のお知らせ》

師匠のセミナーや、コンサルティングについては
リスペクトマインドのサイト
をチェックしてください。

わらじの会に興味をお持ちの方は
日本和良示(わらじ)諸友会サイトへどうぞ。

 

BB編集部だより

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。

  • 10468112_757462877667489_7111715135649448782_n[1]

    カマコンバレーさんで勉強会

    ユニークな街づくりの取り組みとして注目を集める『カマコンバレー』の勉強会で講師を務めさせていただきました。何かが生まれる雰囲気がムンムンで、すごく刺激を受けました。(おくむら)



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690