継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

【空き店舗】商店街のシャッターが開いた!漬物茶屋たけちょうオープン!!【神戸市・灘区】

  • [レポート]

2015年12月26日に
『漬物茶屋たけちょう』がオープンしました!

僕らが企画した『第二回リノベーション起業カレッジ(※)』
の卒業生のお店です。

PC260230

PC260198

 

神戸市灘区の水道筋地区の灘中央市場。

周囲にはシャッターがやや目立つ場所です。

準備の遅れもあったようですが、
年内オープンに間に合いました。

早速、たけちょうさんと佳子さんに
インタビュー開始です!

(※)リノベーション起業カレッジは、
実在する事業やお店を題材に事業づくりを
実践的に学ぶイベントです。

 

PC260240
▲左:佳子さん 右:たけちょうさん

 

 

――今回のお店づくりのテーマは?

たけちょうさん:

“自然なもの”をテーマにしました。

世間には不自然なものばかりがあふれていて、
ずっと違和感がありました。

どんな食品にも保存料や着色料などの
食品添加物が入っていたり、

遺伝子組み換え作物があたりまえだったり・・・

パートナーの佳子は以前から皮膚に疾患があったのですが、
何度病院に行っても治らない。

他の同じような症状を持つ人も同じように治らない。

それで、病院では治らない、
治すことはできない。

緩和をさせられても、
根治はさせられないところなのだと悟りました。

病気を根本から治すには、
やっぱり免疫力、自然治癒力なんですね。

そこから食べ物を見直したい、と。

「食」というのは「人に良い」と書きます。

本当に人に良い食べ物を提案、
提供できたらと思っています。

漬物を選んだのは、
日本の伝統的な食べ物だったことと、
この地域から漬物屋さんが無くなってしまっていたことです。

PC260242

 

佳子さん:

自分のこともそうですが、
私は、若いお母さんに気づいてほしいと思っています。

生まれてくる赤ちゃんの多くが
アレルギーやアトピーを持っていたりするのが現実です。

皮膚科に行ったら、たくさんの赤ちゃんが連れてこられていて、
ステロイドや塗り薬を何本も出されてて・・・

自分がずっと気が付かないで暮らしていたので、
お店を通じてなにかを伝えられたらと思っています。

若いお母さんでも気軽に来られて、
自然とそんな話ができたらいいですね。

「美味しいから食べていたら、どんどん健康になってきた」

そんな風に言ってもらえるようなお店にしたいです。

PC260251

 

――若い方でも気軽に買い物がしやすいために何か工夫を?

佳子さん:

自然な食べ物、食材を探そうとしたら、
スーパーとかにはなかなか売っていません。

昔ながらの市場に行ったほうがいいと思うんです。

でも、若い人にとって市場は行きづらかったり・・・

そこでウチは、まず陳列方法にこだわりました。

お漬物をショーケースに並べたり
お味噌はホーローのポットに入れたり。

店内もカフェのような作りにして。

PC260233
▲こだわりのショーケース

PC260229
▲突如現れたいい感じのお店に、さっそく興味津々のお客さん

 

 

たけちょうさん:

従来の市場の漬物屋さんみたいに、
そのままトレーに乗せて売るというのは
衛生的にも見た目的にも、
若い方は引いてしまうだろうと考えました。

「漬物屋はこういうものだ」という発想を
捨てようとしました。

 

P1120403
▲オリジナルの商品も

PC260207
▲豆まで神戸産だというお醤油

PC260209

 

 

――開業までの道のりはどのようなものでしたか?

たけちょうさん:

今年の2月ごろに開業を思いついて、
そのときに水道筋でリノベーション起業カレッジが
開催されると知り、5月に参加しました。

それからは2人で楽しみながら年内開店を目指しました。

途中、いくつものトラブルがありましたが
カレッジで知り合ったみなさんに助けていただきました。

いま思うと概ね順調だったのかな。

みなさんのおかげです。

 

佳子さん:

イベントの後、「絶対開業してね」とか「応援してるよ」と
市場の方や関わってくれた方が背中を押してくれて、
もうやるしかない、と(笑)

物件を探したり、神戸市内はもとより、
京都などまでお店づくりの勉強にいきました。

漬物屋さんだけでなく市場やスーパー、
さらにはコンビニなどでも漬物を買って研究して・・・

もう家の冷蔵庫の中が漬物だらけに(笑)

あと、私は9月に事務の仕事を辞めて、
オープンの準備に専念するようにしました。

どうも性格上ひとつのことにしか集中できない自分に
気が付きました(笑)

PC260219

 

 

――開業までで苦労した点などあれば教えてください

 

たけちょうさん:

一つは、お金のことです。

自己資金をあまり準備しないでいたことも悪いのですが、
思うように資金調達ができませんでした。

銀行や補助金のお金はすぐには出ず、
結局、いったん立て替えが必要となるケースばかりでした。

「やりたい!」と思った時に、お金が出ないんですよね。

表向きは「起業する人を応援します!」と掲げていますが、
現実は・・・

 

PC134582

PC134588
▲ワークショップを開催して、みんなで壁塗りをしました

 

 

――他にはありますか?

たけちょうさん:

漬物の作り方などについて、
教わることができなかったことでしょうか。

実際にお店をやっている方に聞いてみたり、
ありとあらゆるコネを使って昔漬物屋さんをやっていた人に
接触をこころみました。

でも、口頭の話だけだったので、
イメージまでなかなか浮かばず苦労しました。

 

佳子さん:

教えてもらいに行こうとしても、
みんなが後ろ向きなことばかりを言いました。

「やめたほうがいいよ」とか「漬物は売れないよ」とか。

そんな経緯で、
「普通のやり方をしちゃいけないんだ」
と考えるようになったんです。

実際に漬物屋さんが街から消えつつあるという
現実もあったのですから。

ですので、最初は漬物屋さんを視察しに行っていましたが、
ある時からケーキ屋さんやパン屋さんを参考にするケースが増えました。

先ほどのショーケースでの陳列だったり、
これからはじめる飲食事業の併設というのも、その発想からです。

P1120407
▲優しいランチ

 

 

――最後に、リノベーション起業カレッジへの参加はどんな意味を?

たけちょうさん:

いろんな異業種の方と知り合えたことが大きいです。

その後の開業に向けて、たくさん助けていただきました。

建築や開業の手続き、資金調達で支えてもらえたし、
思えば、仕入れ先だってカレッジが縁でつながれました。

人のつながりがぐわっと増えて、味方がたくさんできました。

もしカレッジに参加していなければ、
もっともっと苦労していたと思います。

 

佳子さん:

実際にこの地域で開催してくれたことで、
より価値が高いものを受け取ることができたと感じています。

はずみと支えになりました。

参加してなければ、開業したにせよ、
もっと時間がかかってしまったでしょう。

でも、あの経験と学びのおかげで
「まず、やってみよう!」
という感覚になることができました。

 

――たけちょうさん、佳子さん、ありがとうございました!!

 

 

《記者より》
水道筋は活気の残る商店街ですが、
一本奥に入るとシャッターが目立つようになっていました。

そんな場所で『漬物茶屋たけちょう』と、
もう一店イタリアンバル『エニシバ』
がオープンしました。

新しく個性的なお店ができたことで街がどう変わるでしょうか。

楽しみですね。

 

 

『漬物茶屋たけちょう』
フェイスブックページは、こちら

P1120405

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690