継げる.ocm 継承メディア BUSINESS BATON

ジョージ・ナカシマのDNAを受け継ぐ人材育成【桜製作所】

  • [レポート]

“ブラック企業”
なんて言葉が流行ってしまう現代。

従業員を育てるどころかすり減らし、
疲弊させている会社が
たくさんあるとか・・・

人がそんな風に扱われるなんて
なにかおかしい。

こんなことを考えながら
世界的にも高く評価されている
トップレベルの家具職人集団
桜製作所』から学んできました。

“人を育てるとは何たるか!?”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そもそも、「桜製作所」って・・・??
という方が多いのではないかと思います。

桜製作所は香川県にある小さな木工所。

創業は1948年で、
家具などを主に製作しています。

 

ここのどこが世界に誇る職人集団なのか・・・

実は、ジョージ・ナカシマの家具のライセンス製作を
日本で唯一認められている木工所なのです。

ジョージ・ナカシマの家具を作っているのは、
世界でもこことアメリカの2カ所だけです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

で、「ジョージ・ナカシマって誰?」
次の疑問が沸いた方もいらっしゃるでしょう。
(恥ずかしながら、私は知りませんでした)

ジョージ・ナカシマ(1905~1990)は、
20世紀を代表する家具デザイナーなんです。

木の素材をいかした家具を生み出し、
世界的に名だたる家具デザイナーとして、
今もなお愛され続けています。

かのロックフェラーも、
ナカシマの家具に魅せられた1人だとか・・・

家具は国立現代美術館や東京都現代美術館にも
納められています。

 

ジョージ・ナカシマ

 

かつて日本の職人の技術力の高さに驚愕し、
「日本で家具づくりをしたい」
と思ったジョージ・ナカシマ。

桜製作所にナカシマの木工技術を継承し、
共同での家具づくりが始まったのです。

conoidchair
ジョージ・ナカシマの家具は素材の美しさを限
界まで生かす独特のデザインで
愛されています。

 

世界のジョージ・ナカシマに見初められた桜製作所は、
どんな職人さんたちの育成をしているでしょうか?

事務局長の豊田さんからお話をお伺いしてきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

― 職人さんは全国から選りすぐりの人を
選んできているのですか?

「いえいえ、そんなことはないんです。
私たちが迎え入れるのは、
高校を出たばかりの普通の子。
職人の卵たちですよ。」

 

― 技術力の有無を試験でフィルターにかけたりは

「技術試験などしませんよ。
私たちはまっさらな状態の人を求めているんです。
変にクセがついていたり、色がついていると、
逆に桜製作所のやり方に
はまらないこともありますからね。

ゼロからの状態だと、
スポンジのように必要なことを吸収できるんです。
採用の時も見るのは人間性だけ。
面接をして、
誠実そう、素直そうな人だと思えば採用します」

 

イス
長時間座っても全く疲れないジョージ・ナカシマの椅子。
建築の知識が設計に生かされています

 

― 職人を育成する中で、
工夫していることなどありますか?

「あえて言うなら、
『技の伝承を規格化しない』
ということですかね。

かつてナカシマも言っていましたけど
親方が40年もの年月をかけて身につけた技は、
それまでの経験とか知識とか
ノウハウによって裏付けされたものなんです。
そんなものはマニュアルでは
到底伝えられません。

私たちの仕事は一切機械も使いませんからね。
全て手仕事。
いかに親方の技を盗み、自分のものにできるか。
それができるような環境づくりにこだわります。
職人は孤立しているイメージを持たれがちですが、
みんなでレベルアップしていこうっていう
雰囲気が大事なんです」

 

― 職人を育成するうえで難しいところは?

「若い職人であっても、
40年もの経験をつんだ職人と
同じ形のものを作ることはできます。
見た目で違いは分かりません。
ただ、手触りが違うんです。

職人は木のどの部分を使うかを
判断して素材を選びます 。
それらはやはり経験を重ねないと
分からない部分も多いですので、
職人を一人前に育て上げるまでには、
やはり時間はかかりますね」

 

seisakuimage
家具の素材はジョージ・ナカシマが
残してくれている木材を使用して作られます。

 

現在桜製作所には18人の職人がいます。
その中で40年以上働いている親方は
3から4人程度なのだとか。

ginnza
国内でジョージ・ナカシマの家具を販売しているのは、
銀座と香川だけ。写真は銀座店の様子です。

 

世界から注目される工房だからこそ、
下手なものを世に送り出すわけにはいかない。

だからこそ、時間をかけてでも、
確かに人を育てるという姿勢を貫いています。

 

「職人には一つの家具を
一人で全部作らせている」
とお聞きしました。

「全体を見えるようになってこそ、
職人として成長できる」
という意図とのことです。

効率化のために
ひたすらイスの足だけを作らせる。

この手の発想とは180度異なるのです。

 

こんな桜製作所の人材育成に
私は輝きを感じました。

人がパーツのように扱われたり、
さらには使い捨てにされることがある時代だから、
なおさらなのでしょう・・・
 残念ですが。

 

BB編集部だより

  • FireShot Capture 11 - 『事業承継・廃業相談室』社長交代から後継者さがし、相続、事業譲渡まで – 社長のおくりびと奥村聡が事業_ - http___syoukei-lab.com_

    事業承継・廃業相談室を開設!

    新サイトの『事業承継・廃業相談室』をオープンしました!
    子供から第三者への承継、社長の相続、廃業と・・・会社経営の出口の場面のリアルなところをお伝えできればと思っています。
    (奥村)

     

  • 12625871_675680302535743_681456829_n

    2月20日の赤穂イベントが朝日新聞に

    2月20日に開催される、僕らの「出張例会と赤穂ツアー」の紹介が朝日新聞で掲載されました。他の地域と濃く交われる機会です。参加いただいた方に何か新しいことが生まれる機会になりますように。

  • P1250557

    空き家、空き店舗について講演

    奥村は、不動産業者さんの集まりで講演をさせていただきました。「街の個性を守る」ことをお願いしてきました。どこの街も同じ風景になりつつあるなか、できるだけ今あるものを活かしていくことが大切ではないでしょうか。

  • リノベラー!書影

    小説『リノベラー』が発売になりました!

    ビジネスバトンを運営するリノベーション起業研究会の奥村聡の新刊。今回は、なんと小説です!リノベーション起業のコンセプトが生まれるまでのストーリ。自分の仕事とは、これからの社会とはを考えるかたに、ぜひ!!

  • P1010520

    継げる資源リスト

    『継げる資源リスト』を作りました。事業や店舗、技術や古家まで・・・。自分なりの仕事を作っていくための“資源”が掲載され、バトンがつながれるようになることを目指しています。掲載は無料です。継げる資源の情報をおよせください!

  • 図1

    岡山県美作で仕事づくりとに移住がテーマにイベント開催

    「自分で仕事を作れるようになる」「新しい自分の居場所をつくる」・・・こんなゴールを目指して8月29日と30日にイベントを開催します。詳しくはこちらをご覧ください!

  • IMG_6480

    ソーシェア2周年記念パーティー

    2月14日、モトマチ6丁目商店街にできたTuKuRu(ツクル)でNPO法人ソーシェアさんの2周年記念パーティーが開催されました。奥村はトークゲストとして登壇です。

  • P1010649

    神戸の岡本に小さなシェアハウスを作ることになりました! こちらのフェイスブックページに、完成までの経過と町の魅力をお伝えしていきます。岡本の上質で気持ちの良い暮らしを味わっていただきたいです。

     

  • 1408849627324

    神戸リノベーション起業研究会スタート!

    明けましておめでとうございます! 本年は『リノベーション起業』の具体的な促進に努めてまいります。事業の引継ぎや街づくりに興味のある方、1月15日の神戸でのキックオフミーティングに是非!!

  • 1418370318981

    『「他力資本主義」宣言』が出版されます!

    リベルタ学舎湯川カナの『「他力資本主義」宣言(徳間書店)』が完成!もう自己責任なんて言ってられない時代が来るから力を借り合って生きましょうという本です!奥村が企画と編集協力。書店には12月15日ごろから並びます。



徳間文庫発行『リノベラー!:司法書士・菅野文秋の会社救済コンサルティング』



ミシマ社企画編集・ソシム社発行『今ある会社をリノベーションして起業する~小商い“実践”のすすめ』


マグネットミーン
1913920_1098542950156445_1829189938657334916_n
IMG_0519_20150305235237752
PC234690